見出し画像

社員紹介制度「るいとも」活用から見えるコムニコの魅力

at comnico|コムニコメンバーによるnote

こんにちは!コムニコ人財戦略チーム(人事)の吉永です!

今回はコムニコの「るいとも制度」について紹介をしたいと思います。
「るいとも制度」とは、メンバーがコムニコにマッチすると思う友人・知人をコムニコに紹介する採用制度のことです。

コムニコでは2022年4月〜7月の間で、るいとも制度を通して3名の新しいメンバーを仲間として迎え入れており、1つの大きな採用チャネルになっています。
コムニコメンバーがどのような思いで採用活動に向き合っているのか、紹介されたメンバーはなぜ入社を決めてくれたのかを探るべく、るいとも制度で紹介・入社した2組にインタビューを実施しました!
インタビューを通じてコムニコメンバーの雰囲気や一緒に働く仲間への思いを体感していただければと思います!!

インタビュー1組目 
「入社の決め手は、選考を通して一緒に働きたいと思える人たちに出会えたこと!」


紹介者:プロダクトデザイン局 エンジニア 川﨑(左)
るいとも制度で入社したメンバー:SMMC高知 SNSオペレーター 山本(右)

2人は10代の頃から7年間同じ職場で働いていた仲ということもあり、お互いにリスペクトしあっている様子でインタビューは和やかな雰囲気でおこなわれました!
----------------------------------------------------------

Q:紹介のきっかけは?

山本:私は全く違う業界で働いていたのですが、1年以上前にIT系の仕事に興味を持ち始めました。そこで、コムニコで働いている川﨑に話を聞いてみようと思って連絡をしたのが最初のきっかけです。

川﨑:るいとも制度の存在は常に頭の中にあり、コムニコの仲間になってくれる人がいないかアンテナを張っていたのですが、そんな時に山本から連絡をもらいました。山本は1つのことにパッションをもってコミットすることができ、コムニコード1つ1つに当てはまると感じていたので、コムニコを紹介しました。

Q:選考を受けようと決断した決め手は?

山本:最初は、自分が入社した後に川﨑に迷惑がかからないか心配だったので、実際に選考を受ける決断をするまで1年かかりました。迷っていましたが、川﨑から話を聞いているうちに、全ての不安が解消されました!私が抱えていた不安に、川﨑が向き合い続けてくれたのが大きかったです。

Q:入社を決めた理由は?

山本:選考の中で出会った人たちと一緒に働きたいと思えたからです。特に、SMMC高知のマネージャー・高野のメンバーへの思いやりやリーダーシップに感動しました。

Q:実際に入社してどうですか?

川﨑:山本はこれまでのように全力で新しい仕事にコミットし、想像通り活躍してくれています!

山本:入社前とギャップもなく、こんなに仕事が楽しくて良いのかと感じるくらい学びが多い日々で、刺激をたくさん受けています。メンターとラーメンを食べに行って仲を深められたことも印象的で、メンバーの温かさを感じられています!

Q:るいとも制度についてどのように思いますか?

川﨑:紹介者と被紹介者の信頼関係がとても大切で、社内のことを包み隠さずに話すことが実を結ぶ鍵だと思います。
コムニコは組織拡大フェーズにあり、採用活動にコミットしているコムニコメンバーも多いからこそ、会社にとってもメンバーにとってもメリットの多い制度だと感じています!

山本:お互い理解を深めた上で入社できるので安心感が大きいです。会社の理念やカルチャーコードに共感した仲間を集められるのでとても良い制度だと思っています!
----------------------------------------------------------

「転職」という人生の大きな決断をサポートするために、1年以上、山本の不安に向き合い続けた川﨑の姿から、チーム作りに貢献することへの強い思いを感じました。
さらに、山本のようにコムニコの指針である「コムニコード」を体現できる方にとっては、コムニコは活躍できる絶好の舞台だと、改めて人事担当として体感する時間でした。

インタビュー2組目
 「将来性や社員の人柄に魅力を感じてすぐに入社を決めた!」

紹介者:プロダクトデザイン局 SaaSセールス マネージャー 北島(左上)
るいとも制度で入社したメンバー:プロダクトデザイン局 SaaSセールス 頼富(右上)

2人は10年前の職場が一緒で、お互い転職した後もコンタクトを取り続けていたとのことです!10年来の友人とのことで、素を見せ合っている様子が伺えました。

----------------------------------------------------------
Q:紹介のきっかけは?

北島:私はもともとコムニコでアカウントプランナーを担当していたのですが、春からSaaSセールスのマネージャーに異動が決まりました。組織貢献として自チームの採用にコミットしたいと考えていたのですが、頼富のこれまでの経験を活かしてもらえるのではないかと思って声をかけました。また、コムニコで自分自身が成長を続けられていること・働きやすさ・成長産業であることを踏まえて、自信をもってコムニコのことを紹介できました。

Q:紹介された時どうでしたか?

頼富:変な人は自分の会社に誘わないと思うので(笑)、とても嬉しかったです。ただ、新しい業界への転職で北島の顔に泥を塗ってしまわないか不安も感じました。

Q:選考を受けようと決断した決め手は?

頼富:LINEやGoogle Meetを使用して仕事内容や雰囲気を北島からたくさん聞かせてもらい、業界や仕事の将来性や面白みを感じました。細かく話を聞いていくと、お役に立てる部分もあると思えたので、選考を受けようと決めました。

Q:入社の決め手は?

頼富:10年来の友人がチームにいてくれる安心感はもちろんですが、面接官の人柄の良さや、選考中の人事のサポートの手厚さを感じることができていたからです。
また、私は同じ営業という仕事をするとしたら、自分の成長を加速させるのは「一緒に働く人」が大きな要因になると考えています。コムニコはその環境がとても良いと選考を通じて実感できました!そのため内定をいただいた時には入社することをすぐに決断できました。

Q:実際に入社してどうですか?

北島:頼富は本当に勉強家で、すぐにキャッチアップして活躍してくれるイメージが湧いています!

頼富:初めての業界なので不安はありましたが、プロダクトデザイン局(SaaSセールスが所属している部署)のみんながいつもフォローしてくれるのでとても働きやすいです!

Q:るいとも制度についてどう思いますか?

北島:社員紹介制度(リファラル採用)が形骸化してしまっている企業も多い中で、コムニコは紹介実績が多く、紹介しようと思える環境になっていると思います。

頼富:この制度がなかったら今回の良いご縁はなかったですし、新しい業界に飛び込む不安を減らして転職ができるので、とても良い制度だと思います!
----------------------------------------------------------

北島は、るいとも制度を活用して友人をコムニコに紹介するのは2回目になります!自信をもって友人にコムニコの紹介ができるのは、コムニコでの成長実感や働く環境が大きな要因になっていると感じられるインタビューでした。
頼富の話の内容からは、面接官や人事担当がチーム一丸となって候補者をサポートしている様子が伺えました。採用活動においてもコムニコード「Be a team player」を感じてもらえたのではないでしょうか。

最後に

インタビューの内容はいかがでしたか??

2組のインタビューからは共通して「コムニコメンバーの雰囲気や人柄の良さ」が大きな入社の決め手になっていることが伺えました。
また、未経験での入社であっても安心して成長してもらえる環境が整っていること、一緒に成長を続けられる仲間がたくさんいることも感じていただけたのではないでしょうか。

今後も、このようにコムニコードに共感し、一緒に会社を成長させてくれる仲間を増やしていくために、人財戦略チーム一同、採用活動を通して候補者の方に全力で向き合っていきたいと思います。

※コムニコでは現在も新しい仲間を募集中です!この記事を読んで少しでも弊社に興味をお持ちいただいた方はぜひこちらもご覧ください。
人財戦略チーム一同、新しい仲間に出会えることを心待ちにしております!!
▼採用に関して詳しくはこちらをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/lmg/jobs


この記事が参加している募集

企業のnote

with note pro

仕事について話そう

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
at comnico|コムニコメンバーによるnote
SNSマーケティングエージェンシー・コムニコのnote公式アカウントです。コムニコにおける「人」「仕事」「カルチャー」を不定期にお届けしております。お仕事だけでなく、採用選考に関するご相談もお気軽にどうぞ!